出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏道修行の難行苦行の一。手に脂燭 (しそく) を掲げたり、手のひらに油をためて灯心をともしたりすること。また、その灯火。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉