出典:デジタル大辞泉(小学館)

銅器の表面に表した鮮明な朱色の斑文 (はんもん) 。幕末・明治初期の佐渡の鋳金 (ちゅうきん) 家、本間琢斎の創始。松炭で熱して研磨した銅器を胆礬 (たんばん) 酢に浸し、鉄漿 (てっしょう) を塗って生じさせる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉