出典:デジタル大辞泉(小学館)

ドイツ北東部、メクレンブルク‐フォアポンメルン州の港湾都市。シュトラルズント海峡をはさんでリューゲン島に面する。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。13世紀にハンザ同盟に加盟。ゴシック様式のマリエン教会、ニコライ教会、市庁舎をはじめとする歴史的建造物がある。2002年、同じくバルト海沿岸のハンザ同盟都市ウィスマールとともに、「シュトラルズントとウィスマールの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。