出典:デジタル大辞泉(小学館)

Château de Chenonceau》フランス中部、アンドル‐エ‐ロアール県、シュノンソーにある城。15世紀の城塞の名残である独立塔、16世紀に建てられた初期ルネサンス様式の棟、シェル川に架かる橋に建てられた3層の回廊をもつ棟で構成される。フランス王アンリ2世の寵妾ディアヌ=ド=ポアチエ、正妃カトリーヌ=ド=メディシスら、16世紀の創建以来、代々女性が城主だったため、「6人の女の城」とよばれる。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年に「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。