出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 公文書類の記録役。書き手。書記。

  1. 叙位・除目 (じもく) を執り行い、記録する役。

  1. 鎌倉幕府の訴訟機関である引付 (ひきつけ) で、判決書などの文書の起草・作成をつかさどった役。執筆奉行。

  1. 連歌・俳諧の会席で、宗匠の指図に従い、連衆の出す句を懐紙に記載する役。進行係の役目もする。