出典:デジタル大辞泉(小学館)

密教で行う加持祈祷 (かじきとう) の法。壇を設けて本尊を安置し、護摩をたき、手に印を結び、口に真言を唱え、心に観念をこらし本尊と一体化することによって、目的とする願いを達成しようとするもの。目的により息災法・増益 (ぞうやく) 法・降伏 (ごうぶく) 法などがある。本尊には大日如来不動明王のほか諸尊があり、法式にも差異がある。すほう。ずほう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉