出典:デジタル大辞泉(小学館)

ドイツのハンブルク天文台のB=シュミットが1930年に考案した反射望遠鏡。球面反射鏡と、特殊な断面をもつ補正レンズとからなる。視野が明るく、広範囲を鮮明に撮影することができ、星座・彗星 (すいせい) ・人工衛星の撮影に使用する。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉