出典:デジタル大辞泉(小学館)

「首楞厳三昧経」の略称。2または3巻。4~5世紀に鳩摩羅什 (くまらじゅう) が漢訳。仏が堅意菩薩の請いに応じて、頓証菩提 (とんしょうぼだい) の法として首楞厳三昧を説いたもの。
「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」の略称。10巻。般刺密帝 (ばんらみたい) 訳。禅法の要義を説いたもの。