しゅ‐りょく【主力】 の意味

  1. 出せる力のうちのおもな部分。おもな力。「語学に主力を注ぐ」
  1. 中心となって力を発揮するもの。主要な戦力・勢力。「チームの主力選手」「当社の主力商品」
  • 名詞

しゅ‐りょく【主力】の慣用句

  1. しゅりょくかん【主力艦】
    • 攻撃力・防御力に最もすぐれた軍艦。特に、戦艦をさす。
  • しゅ‐りょく【主力】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ このような日本の革命の課題に立って民主主義文学運動をみたとき、その小説を労働者が書いたから、革命の主力である労働者階級の文学であると決めることはまちがいであることが分る。

      宮本百合子「五〇年代の文学とそこにある問題」

    • ・・・世界の人民的な民主主義の本質にしたがって、日本の民主主義文学運動もその主力を労働者階級の文学におき、世界と日本のプロレタリア文学運動の成果を批判し継承しながら、多様でひろい人民層の民主的意欲を表現する新鮮な文学をもとうとする方向に発足した。

      宮本百合子「婦人作家」

    • ・・・ フリードランドの平原では、朝日が昇ると、ナポレオンの主力の大軍がニエメン河を横断してロシアの陣営へ向っていった。

      横光利一「ナポレオンと田虫」