出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]無知で愚かなこと。また、そのさま。
  • 「我心身の働を拡て達す可きの目的を達せざるものはこれを―と云う可きなり」〈福沢学問のすゝめ