出典:デジタル大辞泉(小学館)

漆塗りの技法の一。木地を黄または赤に着色し、透漆 (すきうるし) を上塗りして木目が見えるように仕上げたもの。和泉 (いずみ) 国堺の漆工春慶の考案。のち全国で作られ、それぞれ産地名を冠してよばれるようになった。今日では能代 (のしろ) 春慶飛騨春慶などが代表的。

出典:青空文庫

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉