出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、太政官 (だいじょうかん) に属し、臨時に設置された官。諸国を巡り、国司郡司の治績を調査し、人民の生活状態を視察して復命・上奏した。めぐりみるつかさ。

  1. 明治初期、東北地方に置かれた監督官。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉