出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ドイツ)Kritik der reinen Vernunft》哲学書。カント著。1781年刊。人間の認識能力の本性と限界を究明した書で、人間理性が認識しうるのは、我々に現れる限りにおける対象つまり現象だけで、その背後に存在すると想定される対象そのもの即ち物自体は不可知であるとする。