出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代、大臣に準ずる称号。内大臣の下、大納言の上の待遇を受けた。大臣に昇進すべきもので、大臣に欠員のないとき、その人を優遇するために置かれた。儀同三司 (ぎどうさんし) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉