• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しゅん‐ぶん【春分】例文一覧 2件

  1. ・・・ 更に之をその内容より觀察するに、堯典には帝が羲・和二氏に命じて天文を觀測せしめ民に暦を頒ちしをいひ、羲仲を嵎夷に居らしめ、星鳥の中するを以て春分を定め、羲叔を南交にやりて星火の中するを以て夏至を定め、和仲を昧谷におきて星虚の中するを以・・・<白鳥庫吉「『尚書』の高等批評」青空文庫>
  2. ・・・しかし相対原理が一般化されて重力に関する学者の考えが一変しても、りんごはやはり下へ落ち、彼岸の中日には太陽が春分点に来る。これだけは確実である。力やエネルギーの概念がどうなったところで、建築や土木工事の設計書に変更を要するような心配はない。・・・<寺田寅彦「春六題」青空文庫>