出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 大衆文学に対して、純粋な芸術性を目的とする文学。

  1. 広義の文学に対し、詩歌・小説・戯曲など美的感覚に重点を置く文学。主として明治時代に用いられた語。

出典:青空文庫