出典:デジタル大辞泉(小学館)

あの世とこの世とに別れる。死別する。

「只―・てたるが如くにぞ思召 (おぼしめ) されける」〈保元・下〉