出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、四等官 (しとうかん) の第三位。庁内の取り締まり、主典 (さかん) の作る文案の審査、宿直の割り当てなどをつかさどった。「丞」「掾」など官司により用字が異なる。→四等官

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉