出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 箇条書きにした一つ一つの項目。条項。「条を追って審議する」

  1. …のこと。…の件。「先般お申し越しの条、承知いたしました」

  1. 接続助詞的用法。

    1. ㋐…によって。…の故に。現代文では候文の手紙などに用いる。「殊勝に候条、差し許すべく候」

    2. ㋑(「とは言い条」の形で)…ものの。…ても。「天候のせいとは言い条配達が遅れて申し訳ない」

  1. 古代の都城区画。→条坊

  1. 古代の土地区画。→条里制

[接尾]
  1. 細長いものを数えるのに用いる。「帯一条」「一条の川」

  1. いくつかに分かれた事項の数を数えるのに用いる。「十七条の憲法」「第一条」