出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、国司の第三等官。→判官 (じょう) 

  1. 近世以降、主として浄瑠璃太夫に与えられた称号。大掾・掾・少掾の3階級があり、当人1代に限る。「竹本筑後掾」

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉