出典:デジタル大辞泉(小学館)

鐔工 (つばこう) の一派。また、その手になる鐔 (つば) 。室町末期に京で興り、初期のものは古正阿弥という。伊予・阿波・会津ほか各地に分派が生じ、鉄地に金象眼を施した作品が多い。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉