出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 位階で、同一等級を二つに分けたうちの上位のもの。従位の上の位。⇔従位

  1. 悟りによって確立した位。仏教用語であるが、歌論・能楽論などにも用いられる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉