出典:デジタル大辞泉(小学館)

《語源未詳。歴史的仮名遣いは「せうが」とすることもあるが不明》多く「しょうがには」の形で接続助詞的に用いられる。…した以上は。…したからには。

「石地蔵と生れ付た―には」〈二葉亭浮雲