出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ショウガ科の多年草。地下茎は辛味と香気とがあり、食用・香辛料にする。茎は高さ30~60センチで笹のような葉を左右2列に出す。暖地では夏から秋にかけて花茎を伸ばし、紫色の地に黄色の斑点のある花を開くが、日本ではあまり咲かない。また漢方では生姜 (しょうきょう) といい、発汗・健胃薬とする。はじかみ。くれのはじかみ。つちはじかみ。 秋》「朝川の―を洗ふ匂かな/子規

  1. 《根茎の形が握った手に似ているところからか》けちな人。

    1. 「お前のやうなあたじけねえ人を―と申します」〈滑・浮世風呂・四〉