しょう‐が〔シヤウ‐〕【生×薑/生×姜/×薑】 の意味

  1. ショウガ科の多年草。地下茎は辛味と香気とがあり、食用・香辛料にする。茎は高さ30~60センチで笹のような葉を左右2列に出す。暖地では夏から秋にかけて花茎を伸ばし、紫色の地に黄色の斑点のある花を開くが、日本ではあまり咲かない。また漢方では生姜 (しょうきょう) といい、発汗・健胃薬とする。はじかみ。くれのはじかみ。つちはじかみ。 秋》「朝川の―を洗ふ匂かな/子規
  1. 《根茎の形が握った手に似ているところからか》けちな人。
    • 「お前のやうなあたじけねえ人を―と申します」〈滑・浮世風呂・四〉

しょう‐が〔シヤウ‐〕【生×薑/生×姜/×薑】の慣用句

  1. しょうがいち【生薑市】
    • 東京都港区にある芝大神宮で、毎年9月11日から21日までの祭礼に開かれる生薑を売る市。目腐れ市。 秋》
  1. しょうがざけ【生薑酒】
    • ショウガをすりおろして熱くした酒にまぜたもの。防寒または風邪薬に用いる。しょうがしゅ。 冬》「月旦を草する灯下―/蝶衣」
  1. しょうがず【生薑酢】
  1. しょうがづけ【生薑漬(け)】
    • ショウガの根茎を薄切りにして砂糖、あるいは甘酢や味噌に漬けたもの。
  1. しょうがとう【生薑糖】
    • ショウガの汁を入れて板状に固めた砂糖菓子。
  1. しょうがみそ【生薑味噌】
    • ショウガをすりおろして練り味噌とまぜたもの。寒気を防ぎ、からだを暖める。 冬》
  1. しょうがやき【生姜焼(き)】
    • すりおろした生姜に醤油・酒・みりんなどを合わせたたれを、肉にからめて焼いた料理。薄切りの豚肉が使われることが多い。
  1. しょうがゆ【生薑湯】
    • ショウガをすりおろして砂糖をまぜ、熱湯を注いだ飲み物。発汗剤として用いる。 冬》「―や生きて五十の咽喉(のど)仏/友二」