出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. さまたげること。また、あることをするのに、さまたげとなるものや状況。しょうげ。「旧弊が改革の―になる」「―を乗り越える」「電波―」

    1. 「立憲公議の美政を組織せんと欲せば、之を―し是を非難し」〈東海散士佳人之奇遇

  1. 個人的な原因や、社会的な環境により、心や身体上の機能が十分に働かず、活動に制限があること。「胃腸―」「言語―」

  1. 障害競走」の略。

出典:gooニュース

出典:青空文庫