出典:デジタル大辞泉(小学館)

障害の種類(身体障害知的障害発達障害を含む精神障害)により差のあった福祉サービスをまとめて共通の制度にし、障害者・障害児が地域で自立して生活できるよう支援事業を充実するための法律。小泉改革の一環として平成17年(2005)成立、平成18年(2006)4月施行。平成25年(2013)4月、障害者総合支援法に改題。難病患者等も障害福祉サービスの給付対象に含められた。