出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《近世までは「しょうかん」》
  1. そのもののよさを楽しむこと。珍重すること。「書画を―する」

  1. 味のよさを楽しむこと。賞味すること。「旬の味覚を―する」

  1. 尊重すること。

    1. 「方式に拘らず時の宜しきに従うを―すべき事なり」〈子規・墨汁一滴〉

出典:青空文庫