出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「じょうぎ」とも》

  1. 日常用いる器。特に飯などを食べるのにいつも用いる椀 (わん) など。御器 (ごき) 。

    1. 「家内上下の―どもを、侍従誂へんといふを聞いて」〈咄・醒睡笑・六〉

  1. 飯などを盛って仏前に供える器。

    1. 「我にあたへし飯を―ながら御机の上にさし置きて」〈地蔵菩薩霊験記・三〉