出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ふだんの行い。

  1. 仏語。怠りなく、常に修行をすること。