出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ラン科の多年草。深山の木陰に生える菌従属栄養植物。高さ10~30センチ。茎は赤みがかった白色で、葉は退化してうろこ状。夏、淡紅紫色の香りのある花が集まって開く。

  1. ヒガンバナ科の多年草、ショウキズイセンの別称。暖地に自生。高さ約60センチ。葉は広い線形でつやがあり、秋に出て翌年の夏に枯れる。秋、葉が出る前に濃黄色の花を5~10個輪状につける。鍾馗水仙。 秋》