出典:デジタル大辞泉(小学館)

裁判所証拠方法を取り調べてその内容を把握し、心証を形成すること。証人や鑑定人などの尋問・聴取、証拠書類証拠物の閲読・検査など。