出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 子供。

  1. 律令制で、4歳以上16歳以下の男子の称。

[代]
  1. 一人称の人代名詞。自分をへりくだっていう語。小生。

    1. 「―近頃閑暇の折柄」〈逍遥当世書生気質

  1. 二人称の人代名詞。目上の者や師匠が目下の者や弟子をいう語。

    1. 「先生曰く、―しるせ、我その語を伝へん」〈洒・雑文穿袋〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉