出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《「勝事」からか》
  1. ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。「笑止の至り」「笑止の沙汰」「笑止なことを言う」

  1. 気の毒に思うこと。また、そのさま。

    1. 「老の歩みの見る目―に」〈露伴五重塔

  1. 困っていること。また、そのさま。

    1. 「あら―や、この御文の様も、頼み少なう見えて候」〈謡・熊野

  1. 恥ずかしく思うこと。また、そのさま。

    1. 「ほんにまあわしとした事が、始めての付け合ひになめたらしい、おお―」〈浄・嫩軍記

出典:青空文庫