出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「しょうし」とも》

  1. あまり見られぬほどすばらしいこと。

    1. 「ことがらも希代の―にてありき」〈後鳥羽院御口伝

  1. 異常な出来事。

    1. 「この事、天下 (てんが) においてことなる―なれば、公卿僉議 (せんぎ) あり」〈平家・一〉