しょう‐じょう〔セウジヤウ〕【×霄壌】 の意味

  1. 《「霄」は空、「壌」は大地の意》天と地。
  • 名詞

しょう‐じょう〔セウジヤウ〕【×霄壌】の慣用句

  1. しょうじょうのさ【霄壌の差】
    • 天と地との隔たりのような、大きな違い。雲泥(うんでい)の差。
  • しょう‐じょう〔セウジヤウ〕【×霄壌】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・などいえるに比すれば句勢に霄壌の差あり。

      正岡子規「曙覧の歌」