• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょう‐じん〔セウ‐〕【小人】 の意味

  1. 幼少の人。子供。しょうにん。⇔大人 (たいじん) 
  1. 身長の低い人。また、からだが並みはずれて小さい人。
  1. 度量や品性に欠けている人。小人物。「小人の腹は満ち易し」⇔大人 (たいじん) 
  1. 身分の低い人。
    • 「―の家の女つつしみて身をもて」〈十訓抄・五〉
  1. 男色の相手をする少年。若衆 (わかしゅ) 。
    • 「―のもてあそび七百二十五人」〈浮・一代男・一〉
  • 名詞

しょう‐じん〔セウ‐〕【小人】の慣用句

  1. 小人閑居して不善をなす
    • 《「礼記大学から》つまらない人間が暇でいると、ろくなことをしない。
  1. 小人窮すれば斯に濫す
    • 《「論語」衛霊公から》徳のない品性の卑しい人は、困窮すると自暴自棄になり悪事を行う。
  1. 小人罪無し玉を懐いて罪有り
    • 《「春秋左伝」桓公一〇年から》つまらない人間でも、本来のままなら罪を犯すことはないのに、身分不相応の財宝を持つと罪を犯すようになる。
  1. 小人の過つや必ず文る
    • 《「論語」子張から》品性の卑しい人は、過失を犯しても改めようとせず、きっと言い訳をしてごまかそうとする。
  1. 小人の勇
    • 《「荀子」栄辱から》つまらない人間の、思慮の浅い、軽はずみの勇気。
  1. しょうじんこく【小人国】
    • こびとが住んでいるという想像上の国。「ガリバー旅行記」などに描かれる。
  1. しょうじんしょう【小人症】