出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. (あとに「知らず」の意の語句を伴って)さあどうだか。

    1. 「人は―心も知らずふるさとは花ぞ昔の香に匂ひける」〈古今・春上〉

  1. (「知らず」を含んだ意で用いる)さあどうだかわからない。

    1. 「人は―我はなき名の惜しければ昔も今も知らずとを言はむ」〈古今・恋三〉

  1. (あとに打消しや逆接の語を伴って)どうも。どうせ。

    1. 「契りおく心の末はいさや川―頼まれぬ瀬々のあだ波」〈続後拾遺・恋二〉

[感]
  1. 明確に答えられない場合の応答に用いる語。さあ、どうだか。

    1. 「―、殿上などにやおはしますらむ」〈大和・一七一〉

  1. 軽く否定する場合の応答に用いる語。いや。でも。

    1. 「―、人の憎しと思ひたりしがまた憎くおぼえ侍りしかば、といらへ聞こゆ」〈・一四三〉