出典:デジタル大辞泉(小学館)

飲用の浄水を汚染して使用できなくする罪。刑法第142条が禁じ、6か月以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられる。

[補説]本罪は、非毒物による井戸や泉などの汚染が対象。水道水の汚染は、より刑の重い水道汚染罪となる。毒物による汚染は浄水毒物等混入罪が成立する。

[社会/法律]カテゴリの言葉