出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、四度 (しど) の使いの一。毎年、諸国から正税帳を中央政府へ提出した使者。正税使。税帳使。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉