出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 坪内逍遥がnovelに当てた訳語》文学の一形式。特に近代文学の一ジャンルで、戯曲に対していう。作者の構想のもとに、作中の人物・事件などを通して、現代の、または理想の人間や社会の姿などを、興味ある虚構の物語として散文体で表現した作品。

  1. 《「漢書」芸文志から》市中で口頭によって語られた話を記述した文章。稗史 (はいし) 。

出典:青空文庫

出典:gooニュース