しょうせつしんずい〔セウセツシンズイ〕【小説神髄】 の意味

  1. 坪内逍遥の文学理論書。2巻。明治18~19年(1885~1886)刊。近代文学最初の組織的文学論。心理観察と客観的態度の尊重を説いた。