出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、大黒常是家が規定の様式で包封した丁銀豆板銀のこと。諸大名から将軍への献上、将軍からの下賜などの儀礼用に、また、代官所から幕府への貢納などに使われた。銀包。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉