出典:デジタル大辞泉(小学館)

大乗論書。北インドの無着 (むじゃく) 著。後魏の仏陀扇多訳2巻、梁 (りょう) の真諦訳3巻、唐の玄奘 (げんじょう) 訳3巻、隋の達摩笈多訳があり、チベット語訳もある。唯識説に基づき、大乗仏教全体を整然と組織だてて示したもの。摂論 (しょうろん) 宗の根本聖典とされた。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉