出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1381~1459]室町前期の歌人・禅僧。備中の人。字 (あざな) は清巌 (せいがん) 。号、松月・招月。東福寺の書記を務めたことから徹書記ともいう。歌を冷泉為尹 (れいぜいためただ) ・今川了俊に学び、藤原定家を崇拝し、新古今風の夢幻的で余情をたたえた歌を詠じた。家集「草根集」、歌論書「正徹物語」など。