しょう‐てっこう〔セウテツクワウ〕【沼鉄鉱】 の意味

  1. 沼地・冷泉などに堆積 (たいせき) した多孔質の褐鉄鉱。化学的な沈殿や、細菌の作用で生じる。