出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 許されて神社の社殿に昇ること。

  1. 平安時代以降、五位以上の者および六位の蔵人 (くろうど) が、家格や功績によって宮中の清涼殿にある殿上 (てんじょう) の間 (ま) に昇ることを許されたこと。→地下 (じげ) 殿上人 (てんじょうびと) 

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉