しょうてん‐ほう〔シヤウテンハフ〕【商店法】 の意味

  1. 商店などの使用人保護を目的とした法律。休日や閉店時刻などを規定。昭和13年(1938)制定、同22年労働基準法の施行により廃止。