しょうねん‐いん〔セウネンヰン〕【少年院】 の意味

  1. 家庭裁判所から保護処分として送られる者および少年法第56条第3項の規定により少年院において刑の執行を受ける者を収容し、矯正教育を授ける施設。法務大臣の管理下に置かれ、初等少年院中等少年院特別少年院医療少年院がある。矯正院の後身で、昭和23年(1948)の少年院法で定められた。