出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 連れ立って行くこと。また、その連れの人。

    1. 「貴公子仲間の斐誠がいつもいっしょに来る。それに今一人の―があって」〈鴎外魚玄機

  1. 饗応の座に正客の連れとして同席し、もてなしを受けること。または、人の相手をつとめて一緒に飲み食いをすること。また、その人。「社長のお相伴で宴席に出る」「今日は私がお相伴させていただきます」

  1. 他とのつり合いや行きがかりで利益を受けること。また、他の人の行動に付き合うこと。「お土産のお相伴にあずかった」「友人に相伴して映画を見にいく」

出典:青空文庫