出典:デジタル大辞泉(小学館)

《後漢の蔡邕 (さいよう) が桐 (きり) を焼く音をきいて良材であることを知り、その桐材で尾部の焦げたままの琴の名器を作ったという「後漢書」蔡邕伝の故事から》琴 (きん) の異称。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉